スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

オバマ米大統領は11日、2008年10月から始まった09財政年度の財政赤字予想を1兆8411億8800万ドルとし、2月時点の1兆7520億ドルから上方修正した。国内総生産(GDP)比では12.9%と0.6ポイントさらに悪化すると予想している。同日議会に提出した10年度予算教書資料で明らかにした。09年度の赤字は過去最悪だった08年度の約4倍という空前の規模に膨らむことになる。
 景気後退の深刻化を受け、税収見通しを下方修正したことに加え、失業手当などを中心に歳出が膨らむ見通しのため。金融機関や自動車メーカーへの公的支援拡大も歳出増要因という。財政赤字が拡大することで、大統領が目指す国民皆医療保険や財政赤字半減目標の任期内実現は一段と難しくなる。 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kennkouji.blog73.fc2.com/tb.php/22-9ed2fb4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。