スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球 

マリナーズのイチロー外野手(35)はツインズ戦で1安打、打率は・315。チームは連敗を6で止め、勝率を5割に戻した。
 2点を追う八回、グリフィーJr.の同点弾で息を吹き返したマ軍打線が一挙4点。土壇場の逆転劇をベンチから見守ったイチローは「一番盛り上がる選手ですからねぇ」と喜んだ。
 最後まで緊張した。2点リードの九回裏は二死満塁のピンチ。ベンチからの指示で浅めの守備位置についたイチローは「得点だけはさせられない。(頭の)上を越えたらしょうがない」。何度も右手首をほぐして本塁返球に備えた。
 敵地、メトロドームの屋根は白く、打球を見失いやすいだけでなく、人工芝で肉体への負担も大きい。そんな厄介な球場も来季に新球場が完成するため、マ軍にとってはこの日が最後の公式戦。三回の内野安打で5試合連続安打としたイチローは、勝利の瞬間、守備の重圧から解放されて表情を緩めた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。